Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2009年12月08日

シュトーレンの準備

シュトーレンのレシピは、その家庭によって様々なようですね。
私の焼くシュトーレンは、初めてパン教室で習ったベターホームのシュトーレンフィリップビコのパンに載っているシュトーレン、徳永久美子さんのシュトーレンを、自分なりにミックスした感じで焼いています。

シュトーレンを焼く時は、まずフルーツ浸けの準備から。

私が入れているのは、レーズン、オレンジピール、ドレンチェリー、この3種類を、ダークラム、ブランデー、グランマルニエを合わせた物で漬け込みます。

焼く時の粉の量に対して、レーズン50%、オレンジピール20%、ドレンチェリー15%くらい。
レーズンは一度熱湯をかけて水気を切り、オレンジピール、ドレンチェリーは細かい角切りにして全て同じ容器に入れ、ダークラム3、ブランデー1、グランマルニエ1の割合で加えて軽く混ぜて蓋を閉めておきます。

(レーズン100gに対して、ダークラム大さじ1と半分、ブランデー大さじ半分、グランマルニエ大さじ半分がベターホームで習った時のミックスドライフルーツ浸けですが、割と適当に注いでしまっています^^;)

たまに軽く振ってあげて、できれば1週間じっくり味を染みこませた方が美味しく仕上がります。

ヨーグルトとかにかけて食べても美味しいので、焼く量よりも多めに漬け込む事をおすすめします。
私は毎日のようにチョットづつ味見しますw


フルーツだけのシュトーレンも多いですが、私は焼く時にクルミとアーモンドスライスも一緒に混ぜます。
クルミは粉に対して20%、アーモンドスライスは15%。

焼く当日に適当に砕いたクルミと、アーモンドスライスを一緒に160℃のオーブンで7分焼いて冷ましてから、分量のフルーツ浸けと混ぜ合わせます。


ミックスドライフルーツ

上の写真がフルーツとナッツが合わさった所です。

ドレンチェリー、丸ごと食べるのはチョット…なんだけれど、この赤がクリスマスっぽくさせるんですよね。
緑を使ってみたらキレイかなぁ〜と思いつつ、やっぱり赤にしました。

材料のまとめ
posted by Ringo at 21:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ名を変更しました

パン日記をSeesaaブログにしてから、もうじき1年。
初めてアクセス解析という所を見たのですが、そこの検索ワードがちょっとひっかかって自分で検索してみたら、何やらあやしいサイトがヒット。

たまーに妙なコメントやトラックバックが付いていたのもそのせいかもしれない!
と思い、あやしいサイト名と微妙に似ていたブログ名を変更しました。

思いっきり同じだったり、似たようなタイトルになってしまう事はあるものですが、やっぱりあやしい所とかぶるのは…ね^^;

posted by Ringo at 00:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

似非プルミエ

似非プルミエ

シェ カザマのパン・ド・プルミエを真似っこして焼いた山形食パンです。
食パンの技術』にレシピがあったので、いつか焼いてみようと思いながら、全粒粉酵母を作るのが少々面倒だったので同じようには出来ずにいました。

今回リンゴエキスから全粒粉だけで元種を作ったので、これを使ったらどうなるだろう、と、似たように焼いてみたのだけれど、さすがに別物っぽいです。

でも、上手に焼けたパンって、型から出した瞬間にわかるんですよね。
まるでハードパンがうまく焼けた時のように、軽い軽い。
あまりの軽さに転がってチョッピリ穴あきましたが…^^;

これは…ハードパンが大好きな友達のお子さまに食べさせてあげたい…。

と思って、急遽友達の所へ旅立った山食ですが、初めて焼いた物なので、端っこを切って試食してみました。
気の知れた友達なので、丸ごとなくってもいっか〜とw


本当は角食で焼きたかったのだけれど、気がついたら蓋閉め忘れて山食に…。
でもパン・ド・プルミエは山食だし、この味ならこれで良かったのかも。


数日後、少し砂糖を多めにして1斤型で角形に焼いてみたのだけれど、そっちは角が鋭いほどマッ四角に焼けてしまって、とても見た目が美しくなかったです。
思ったよりも最終発酵が早くて、オーブンの準備する時間がまだ読めてません^^;

懲りずにまた焼いてみよう。
本物には遠いけれど、これはこれで美味しいの。


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ

posted by Ringo at 20:42 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 型焼きパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

今年もシュトーレン

シュトーレン

パンを焼くようになってから、この時期必ず焼いているシュトーレン。
初めてパン教室に行った時に習ったのがこのパンで、粉より多い量のフルーツを混ぜ込むのがそりゃぁ大変だった事。

アドヴェントの週末にキリストの生誕の日を心待ちにしながら身内だけで切り分けて食べるそうですが、日本人の私はあまりそういう事に拘らず、焼けたらその日のうちに切っちゃいます^^;

1週間ほど味を馴染ませてから食べる方が美味しい、とよく言われますが、当然のごとく1週間後にはありませんw


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ


タグ:菓子パン
posted by Ringo at 14:34 | 東京 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 菓子パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

12月なので

クリスマスらしいデザインに変更してみました。

今年は再びパン教室に通うようになって、食パンやただのテーブルロールばかりではなく、おやつにもなりそうな菓子パンも焼こうかなぁ〜、という気持ちになってきました。

これまで自家製酵母は手を出さずにいたのに、『ハルユタカ食パン』のおかげで、いつでも焼けるように、エキスだけは常備しておくようにもなったので、3回に1回くらい自家製酵母だけでも焼いてみるつもりでいます。

そして今年の夏頃から明らかに代わった事がひとつ。
どんなに気に入った粉でも、割高だろうと1キロ入りを買うようになりました。

野菜室に置かれていた粉たちが外に出され、なんかスッキリ。
そして1キロなんてすぐに無くなってくれるので風味が落ちる事もなくなりました。

バカみたいに開いている粉が5キロとか、粉だらけだった我が家、今じゃ3キロ程度の粉しかありません^^;

posted by Ringo at 13:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

おいしい天然酵母パンが丸ごとわかる本



今冷蔵庫で眠っている元種は、この『おいしい天然酵母パンが丸ごとわかる本』を参考にしました。

全粒粉だけを使用しているせいか風味がとってもいい元種で、発酵力も強いです。

テーブルロールも、この本のレシピのまま焼きましたが、これはリピしたい美味しさです。

元種が元気なうちに、この本のレシピからも焼いてみたいと思います。

タグ:
posted by Ringo at 20:08 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

リンゴ酵母のテーブルロール

リンゴ酵母のテーブルロール

リンゴからおこした酵母エキスと全粒粉を使って元種を作り、そこへ全粒粉と水を3回かけ継いで出来た種を使って、久しぶりに100%自家製酵母のパンを焼きました。

スキムミルクと卵が入ってふんわりほんのり甘いテーブルロールが焼けました。

いつもは、食感が好きじゃないという理由で、照り卵は塗らない私ですが、毎回同じ見てくれもどうかと思ったので、特別に照りもつけました。

ホントは卵がLサイズでちょっとばかし余ったからなんだけど…^^;


元種20%使用で第一発酵2時間半。

我が家はなんだか冬でも暖房なしで暖かいので、おそらく他の家庭よりも発酵が早いと思います。

それでも、室内温度21℃でしたが、第一発酵に湯たんぽを使いました。
ほんわか暖かい湯たんぽのそばに置いて膝掛けをかけておくと、結構いい感じ。
温度変化に強くない自家製酵母は、これくらいの暖かさが一番元気に活動しているように思います。

バターも多めに入っている配合ですが、更にカルピスバターをたっぷり塗って食べるのが宅の主人です^^

でもやっぱり、高いからだけでなく、カルピスバターって美味しいの。


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ



タグ:食事パン
posted by Ringo at 19:22 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

捏ねないハードパン

リンゴ酵母バケット

リンゴ酵母エキスを使って焼いたハードパンのクラムです。
材料をボウルの中で混ぜてから、時間ごとにカードで折り込み作業を6回繰り返すだけでもグルテンは出来るものですね。
この引っ張るとむにーって伸びる感じ、結構好きなクラムです。

捏ねないやり方は、以前紹介した雑誌に載っていた方法ですが、酵母エキスで発酵させているので時間は雑誌に載っているよりも長めにしています。

始めてから発酵が終わるまでに12時間ほどかかっているので、成形後は冷蔵庫に入れて一晩放置しました。

朝起きてすぐに冷蔵庫から取り出し、常温に戻った所でオーブンを余熱し始め、ちょうど起きてから1時間後に焼き上がり。


朝から焼きたてのパンを食べるシアワセ…。
特にハードパンは焼き上がり3時間までが食べ頃というはかない命。
美味しいまま頂きたい♪
でも、そこにいきつくまでは結構メンドイですね^^

ただ、ボウル1個で出来るのは、洗い物が少なくて気に入ってます。


粉はリスドオル100%。
2リットルのペットボトルで酵母おこしちゃったもんで、ハルユタカ食パンだけでは無くならないと思い、たまには元種も作ってみるかーって癖のないリスドオル買ったはいいけれど、元種作りに全粒粉しか使わなかったアホです。
なので、これから度々リスドオル100%で焼いたハードパンのクラムが載るかと思います^^^^^^

続きを読む
タグ:ハードパン
posted by Ringo at 20:38 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | ハードパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

紅茶酵母の食パン

紅茶食パン

シナモンアップルホットサンドにした紅茶酵母の食パンです。
アールグレイでおこした発酵エキスをそのまま使っているのでうっすら茶色いクラムになってます。
ポツンと穴が開いてるのは見ない方向で…^^;

このパン、何かのレシピの切り抜きからヒントをもらいました。
ホームベーカリーのレシピで、カカオミルクパンというやつ。
おそらく、バナナを挟んだホットサンドを作りたくてとっておいたと思われますが、それが何に載っていたのかは、今じゃ分かりませんw

『甘さ控えめ』と書いてあるレシピの割に砂糖の量が18%。
これは多いなぁ〜、と思って減らしましたが、十分甘かったです。
レシピ通りココアを配合したら甘さ控えめだったのかしら…。

配合と作業工程
タグ:型焼きパン
posted by Ringo at 14:57 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 型焼きパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

シナモンアップルのホットサンド

シナモンアップルホットサンド

少し前に紅茶酵母で焼いたあまーい食パンで作ったホットサンド。

思いっきり紅茶の味がするパンなので、ハムとか卵よりもおやつっぽい方がいいかと思って甘酸っぱい林檎にシナモンシュガー。
相性抜群なのでまずい訳ないです^^

休日の朝ご飯に、甘いパンとコーヒーってのはよくあるパターン。
この寒い時期は、熱々ホットサンドにホットミルクとか、シアワセ感じられますw

某食パンのCMでおなじみのバナナとシナモンも、ホットサンドにすれば先にバナナを焼く事もない気がしました。
今度やってみよう。

バナナには、やっぱりチョコレート味のパンがいいかしら〜。
…たぶん普通の食パンを焼く予感。

にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ

タグ:調理パン
posted by Ringo at 17:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 菓子パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。