Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2010年12月04日

年末恒例のシュトーレン

シュトーレン

今年も恒例のシュトーレン焼いてます。

今回使った粉は、スーパーキングとキャトルウール。
このキャトルウールという粉、リーンな配合で焼くと味も素っ気もないパンに焼けてしまうのだけれど、菓子パンや総菜パンに使うと、途端にいいヤツになるんです。

中に入れる物や、上にトッピングする物を、フンワリ上手に包み込んで、決してフィリングの邪魔をしないんです。
菓子パン、総菜パン向け、と言われているだけあります。

シュトーレンは超〜リッチな配合な上にフルーツ漬けやらナッツやらが入るので、粉の味よりむしろ食感。
キャトルウールのしっとりフンワリな食感にスーパーキングのボリュームをプラスしたらいつもよりも更にパンに近いシュトーレンになるんじゃぁなかろうか、と思ってこの2つを7対3で使いました。

でも、上の写真は、ちょっと薄くしすぎちゃったみたい^^;
先週、今年初に焼いたシュトーレンが写真を撮る間もなく売れてしまったので、今回は写真用に1つ焼こうと、中より少ない量なのに中以上の見た目にしようと、いい気になって伸ばしてたらホイロ前の厚み5ミリ以下に!w
クルミとかレーズンが出っ張ってました。

どうせ直ぐ食べられちゃうし、また焼くからいっか。

今年は分割しないデッカイシュトーレンを最後に焼く予定です。
また肥える〜w


シュトーレンの作り方
タグ:菓子パン
posted by Ringo at 00:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 菓子パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

コストコのテーブルパンを求めて

コストコ風テーブルパン

コストコにまるでゴミのような袋で売られているパンがありますが、成形もリュスティックのように切りっぱなしのくせに名称はロールパンと言ういい加減さの割に味は悪くないパン。
自分で焼くテーブルパンとは相当味が違う分、見ると買いたくなってしまうのです。

だって、36個で525円とか。
強力粉代+ちょっとなお値段も魅力だったりするんですよね。

ついこの間、コストコに行く機会がありまして、やっぱり買って来ちゃったのだけれど、同じような味のもんが焼けないかと思ったら吉日、まだ本物のコストコパンがあるのに焼いてみました。

見るからに違います。
焼き色が、こんなにコンガリじゃぁなくって、ブレッツェンのような焼き色でなくてはいけません。
卵の量が多かったか、焼成温度が高かったみたいです。

肝心の味ですが、甘さが微妙に違います。
砂糖ではなく、ミルクの甘さ。
そして食感は、もうちょっと固い。


あら、全然ダメじゃない^^;


そうそう、これは、その昔、毎日毎日微妙に配合を変えて焼いていたベトナム航空機内食のパン!…っぽいw
けど、それももっと甘かった記憶…。

という訳で、1つ分かった事があります。
今までハルユタカ食パンを除いて、パンを焼く時の砂糖は上白糖かきび砂糖を使っていたのだけれど、砂糖=グラニュー糖な国が殆どなんですよね、きっと。
20年以上東南アジア生活していた姉が言うには、ローカルスーパーには白い砂糖と言えばグラニュー糖しか売ってないと。
と言うことは、ベトナム航空機内食パンも、グラニュー糖で焼けば、もーっっと近い味になるはず!

試しにコストコのパンみたいなの焼いてみよ〜なんて思ったがために、また4年前のように殆ど味も忘れかけているベトナム航空機内食パンを焼き始めそうです^^;


でも、その前に、お約束のシュトーレン、あちこちにバラまかないとねw

タグ:食事パン
posted by Ringo at 00:29 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

グラタンパン

グラタンパン

この間友達の家で焼いたグラタンパンを家でも焼きました。
生地はロールパンの配合。

ちょうど家に来ていた姉と甥っ子に4つしかない焼きたてグラタンパンを味見され、2つ持って帰られ、熱々をふぅふぅ言いながら丸ごと食べる事は出来ませんでした!

だから、また、焼くょ…^^

次はグラタンを作る時に余分に作って冷凍してハードパンに入れようかと思ってます。
取られる事を想定して6個焼かないと。
自分、旦那、姉、甥っ子1号、甥っ子2号、味見用w
タグ:総菜パン
posted by Ringo at 01:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総菜パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

パックリ割れたカンパーニュ

カンパーニュ

頭がこう割れてるとそりゃ美しいんだけれど、横がパックリじゃぁねぇ…。
パン生地になっていない手粉が加わると、そこから割れて来ちゃうらしいのだけれど、手粉殆ど使わなくてもこうなる時もある…と。

私の場合、見てくれはどうでも美味しければいっかー、派なので、家用のパンは横が割れようが底が割れようがいいのだけれど、人様にあげるとなると、少々見てくれも大事。
時間のかかるカンパーニュはすぐに焼き直しが出来ないんですよね。
このカンパーニュは、運よく自宅用お試しだったので助かりましたが…^^;

姉がカンパーニュと言っていたのでお試しで焼いたのだけれど、カンパーニュと言ったら全粒粉とライ麦。
他の小麦粉を買う予定がなかったので、近所で売っていた全粒粉を使ったら、これがまぁマズイ!w
というか私の知ってるカンパーニュの味にはほど遠い物が焼き上がってしまったのです。

中に色々挟んだりして消費はしましたが、もう二度とあの全粒粉は使いたくない、と思ってその全粒粉は酵母になりました。
しかし、その酵母だけでパンを焼く気にもなれず、どうしましょう^^;

姉に「カンパーニュはぁ〜?」と聞かれるたびに、「ちゃんとした全粒粉買ってからね!」と答えるようになって2週間は経ったかと…。

でも今の私の気分は、グラタン入れたグラタンパン〜♪
冷凍グラタン買って準備だけはしたのだけれど、頼まれた物は先にやらないとかしら。

タグ:ハードパン
posted by Ringo at 07:59 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ハードパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

友達のお家で焼いた総菜パン

総菜パン3種

ホームベーカリーを買ったお家へお邪魔して、一緒に総菜パンを3種類焼きました。
捏ねるのも発酵させるのもホームベーカリーにお任せ。

総菜パンを幾つか焼けるのは、分割から始められていいとこ取りなホームベーカリーならでは!なのかとも思いました。
計量して捏ねて発酵させる間に片付けしてー、とかしてると、分割する頃には成形メンドクセとか思うのよねーw

フィリングは手前の編みパンがベーコンとウィンナー、真ん中がハムとチーズ、一番奥はグラタン!
このグラタン、友達の所にあった本に載ってたんだけれど、お手軽簡単、ちょっと贅沢な総菜パン。
冷凍グラタンまるごと入れちゃうの〜。
丸める時に一緒に包んで焼く時にハサミでパッチンすればいいだけで、すっごく凝ったパンみたくなるなんて。

ただね、ちょいと生地が硬めだったかしら。
もっとサクっとしてるか、ふわ〜っとしてるかの方が良かったみたいです。
総菜パンってあんまり焼かないもんで、実は配合適当だったのですよ^^;
そして水分量も粉や湿度によって若干違って来るのが、生地が出来るまでわからない。
これは慣れが必要なようです。

本当はパンを焼きに行った訳ではないのだけれど、おしゃべりしてる間に捏ねてもらえるし−、って事で総菜パンを焼いたのだけれど、気の知れた子と一緒にパン生地と戯れるって楽しいんですよねー。

また自分は成形するだけーなパン焼きに行こうかと思ってます。
タグ:総菜パン
posted by Ringo at 09:44 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 総菜パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

最後のハルユタカ食パン

ハルユタカ食パン

これでしばらくお預けな予感のハルユタカ食パンです。
2斤型で焼いて、半分は姉の元へ行きました。

年々ハルユタカが手に入りにくくなって、今じゃどこも売り切れ状態。
たぶん、他の粉を使っても食べ比べなければ分からないほどなんだけれど、私がパンを焼き始めた時、一番最初に使った粉が運悪くハルユタカだったからなのか、この粉に変わる粉は今の所みつからない。

ブレンドじゃダメなの。
それは味ではなくって、粉へ対する愛情が半分以下になっちゃうから^^;

ん−。これからどうしよう…。
なかなか仲良くなれないスーパーマナスルとガンバルか。

続きを読む
タグ:型焼きパン
posted by Ringo at 15:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 型焼きパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

ソーセージパン

20101018.jpg

いつものブレッツェンの生地に、冷蔵庫でそろそろ消費を待ってるソーセージを乗せて、総菜パンにしました。

お店で売られている総菜パンって言うと、軽〜い食感で照りも塗られてる物が多いけれど、実はブレッツェンの生地にソーセージって組み合わせがとっても好き。

20101018.jpg全部ソーセージを乗せた訳ではなく、半分はただ丸めただけのテーブルパンに。

これはその夜のビーフシチューと一緒にいただきました。

ブレッツェンの配合ってとっても万能なんですよね。
何でも合うし、粉を変えただけでも又味が変わる。

写真奥左側に見えるドッグパンのような形のパンは、黒糖ロールをこぶりのドッグパンにしたもの。
黒糖の風味を生かし、なおかつ甘すぎないパンにするって、簡単じゃありませんね。
3度目にして、まぁまぁな物が焼けました。
生イーストが元気なうちに、ちゃんと焼けるようになったら、配合を紹介させてもらいます。


早い物でもう10月も半ば過ぎ。
忘れないうちにシュトーレンの準備を始めないと。

posted by Ringo at 16:09 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 総菜パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

梨酵母のパン

20101007.jpg

先月もらった梨があまり美味しくなかったので、久しぶりに酵母にしてみました。
まだ気温が高かったので、翌日にはうっすらと気泡が出始め、3日くらいで出来上がっちゃった感じだったのだけれど、そのまま2日我慢してなんとかパンが膨らむ程度くらいまでに育ちました。

が、ちょっと頼りない酵母だったので今ひとつ釜伸びもせず、格好も不格好だったのだけれど、梨酵母を見られてしまった友達にお裾分け。

その後のパンにはドライイーストとの組み合わせで、風味付けの役目となっていただきました^^;

真夏は酵母作りにも向いてないのでもっぱらドライイーストだけでしたけど、一度酵母をおこしてちょこっとだけエキスを入れたパンの美味しさを知ってしまうと、次は何を発酵させてやろうか…、と考えたりします。

が、だいたい常備されてるレーズンがてっとり早いんですよね。

今冷蔵庫に眠っているのは林檎酵母。

たぶん、この週末にはスッカラカンになるので、姉のリクエストでもあるカンパーニュのためにレーズン酵母をちょこっとおこし始めています。

タグ:ハードパン
posted by Ringo at 21:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ハードパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

久しぶりのブレッツェン

ブレッツェン

お久しぶりです。
甥っ子の居候生活が終わり、姉の本帰国引っ越しも落ち着いて、少しづつPCライフが戻りつつあります。

今日は家で食べるためにブレッツェンを焼きました。
2週間ほど前に出来た梨酵母エキスで水種を作り、少量のドライイーストを混ぜて本捏ねしたので、涼しくなって来た今日でも、1時間半で発酵が終わり、3時間弱で焼き上がってます。

久しぶりのハルユタカ100%ブレッツェン。
お家パンではやっぱりコレが一番好きかも。

続きを読む
タグ:食事パン
posted by Ringo at 16:42 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

練乳入りミルク食パン

練乳入りミルク食パン

友達の家に遊びに行くのにお土産用に焼いた食パンです。
そのお家にはパン切り用のナイフもガイドもないので、6枚に切って持って行きました。

一緒に行った友達が、本当は食パン持って行くつもりだったらしいのだけど、諸事情からバターロールになったと言うので、かぶらずに済んだ訳です^^;

この食パン、ポーリッシュ法で本捏ねは牛乳だけで捏ねるので、ほんのり甘くてフルーツとかサンドして食べたくなります。

今はイチゴの季節なので、生クリームとイチゴのサンドイッチなんか、美味しいかも。
あー美味しそうかも。

イチゴの季節が終わる前にもう一発自宅用に焼いてみようかしら。



配合と作業工程
タグ:型焼きパン
posted by Ringo at 21:08 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 型焼きパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。