Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2010年01月20日

ベターホームのパン教室−9回目−

ウィンナーポテトパン今日は今年初のパン教室でした。
左の写真は先生が焼いた、ウィンナーポテトパン。

薄力粉が入った軽い生地に、マッシュポテトとウィンナーを編み込みで包んで焼いてます。

この成形、パン屋さんでもよく見る形。
中に入れる物を色々変えて楽しめそうです。


きなこあんドーナツそしてもう1つは、きなこあんドーナツ。

生地は一緒で、こしあんを包んで油で揚げてから、きなこときび砂糖をまぶしてあります。

揚げたてのドーナツは格別に美味しいですね。
薄力粉がまざったイーストドーナツなので、ふわふわです。

こしあんは好みじゃないので、自分で作るなら何も入れずにツイストに成形してプレーンなドーナツを楽しみたいなぁ〜と思ってたりします。


先週、沖縄へ行ってたのですが、純黒糖を買って来たので、黒糖ときなことか、美味しそうな気がします。

今日は小春日和という言葉がピッタリな陽気で、教室は蒸し暑いくらいでした。
こんな日が続いてくれるとパン焼きもはかどるのですが、そう甘くはないですよね^^;



にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ

タグ:パン教室
posted by Ringo at 21:28 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | パン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

ベターホームのパン教室−8回目−

パン教室-12月-今週はパン教室がありました。
今年最後のパン教室は、白パンとチョコクリームパン。

生地は同じですが、1つはチョコレートクリームを包んで、卵で照りをつけて焼くので、焼き上がりは全く違います。

チョコレートクリームは、甘すぎず割と好みでしたが、ん〜、チョコレートクリームを入れるなら、コルネの方がいいかなぁ。
一緒にアーモンドなんか刻んで入れたらもっといいかもしれません。

白パンは一番最初に習ったブレッツェンのように見えて、生地の配合も焼き時間も違います。
薄力粉が入るので、焼きたてはふっわふわでほっかほっか。

ブレッツェンよりも甘いけれど、くどくない甘さなので、冷凍庫に常備するパンにしてあげてもいい感じです。


大きく焼いてサンドイッチ、いいかも…。

このパンは、とっても簡単に焼けてしまうので、度々焼いてみようと思ってます。



にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ

いつもありがとうございます♪
タグ:パン教室
posted by Ringo at 21:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

ベターホームのパン教室−2回目−

パン教室2回目

ベターホームのパン教室2回目でした。

今回のパンはトマト缶で捏ねるベーコン&チーズのトマトパンと、夏野菜のイタリアパン。生地は1つです。

トマト缶で捏ねたパンは当然赤くてピザのように乗せる夏野菜がカラフルで見た目がとても美味しそう。
ピザやフォカッチャにも応用がきく生地なので少々固くて捏ねにくかったです。
家でやってたら絶対水分増やしてます。

ほんのりトマト味のパンはチーズもよく合いました。
前回のパン・オ・レザンとパン・オ・ノアは、似たようなパンをよく焼くので復習してませんが、今回のトマトパンは近いうちに復習しようと思います。
トマト缶たーっぷり使ってw

食パンにして、ベーコンとチーズと卵のホットサンドなんていいかも。

昔ロッテリアにイタリアンホットとかいうホットサンドがあったっけ。
最近あの波形に焼けるホットサンドメーカーがあることを知りました。
けど、食パンをホットサンドにするなら、波形じゃないほうがいいような…。
波形にするならピザかナンの方が合う気がします。


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
posted by Ringo at 22:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

ベターホームのパン教室−1回目−

パン教室1回目ベターホームのパン教室が変わったというので、また通う事にしました。
2006年に通った時は、二人で1つの生地を作る感じでしたが、今度は一人で1つの生地になり、パンの種類も少し変わっています。

今月のパンはパン・オ・レザンとパン・オ・ノア。
牛乳で捏ねたレーズンパンとくるみパンです。
一人あたりの粉の分量は180g。
180gの粉を6等分するので、1つは小さめの可愛いパンが焼けました。

作業の仕方も若干変わって、前は台に出す前に泡立て器や木べらなどを使ってましたが今度はドレッジだけで、捏ね板もナシ。
ま、全員が1つの生地を作り上げるので、消毒された作業台で直に捏ねて道具もなるべく少ない方が乱雑にならなくていいですね。

久しぶりのベターホームの教室、やっぱりキレイで明るくていいです。
先生は前に助手だった人でした。なんか懐かしかったなぁ。

パン焼きを始めてから3年、教えてもらわなくてもある程度の物は焼けるようにはなってますが、成形の仕方や配合によっての生地の扱いなんかは実際に手本となる人の手元を見るととっても勉強になります。
生地を作り上げるのもレーズンやくるみを混ぜ込む作業もあっという間。
あんな早くて生地出来てるんだろうか…と思っちゃうけど、先生が焼いたパンを試食すると、ちゃんとふんわり焼けてるんですよね−。

そしてカメリアって意外といけるかも…、とか今更思ったりしました。



にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ

タグ:パン教室
posted by Ringo at 21:13 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | パン教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。