Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2011年05月13日

テーブルロールと総菜パン

テーブルロールと総菜パン

最近我が家へ夕飯を食べに来る姉と甥っ子次男坊。
どうやら試験勉強を長男が邪魔するらしく、家でゆっくり勉強したいんだとか…。
全くお勉強が出来る訳ではないけれど、周りが出来る子ばかりらしく、それが羨ましいみたいです。

昨日も学校帰りに家に来て勉強すると言うもんで、おやつ用に総菜パンを2種類と残りはロールパンにして焼きました。

ロールパンはコストコのロールパンっぽい配合が最近のお気に入り。
ちょっと甘めでショートニングのおかげで翌日までふんわりやわらかです。

粉400gで捏ねて、ハムを巻いた物とコロッケを乗せた物を4つづつと、残りをロールパン8個にして焼いて、総菜パンの方は甥っ子と一緒に3時のおやつに頂きました。

ロールパンはその日の夕食用。
グラタンとミネストローネにロールパン。
姉がチキンを焼いてご飯時に持って来てくれて、4人で夕食となりました。
グラタンもあるし、総菜パンも半分あまっていたので、ロールパンは翌日のお昼まで残ると思っていたのに、完食されてしまったw

インター育ちな甥っ子は、言う事が大げさ。

「アリエナイほどオイシイヨっ!!!!!」

そう言われちゃ、1つくらい残してくれとも言えず…w
今日のお昼はミネストローネだけになっちゃいました。

長男の方はパンよりご飯だったけれど、次男の方はパンも好き。
そして麺類と牛乳が好き。

マカロニグラタンに牛乳なんて、給食以外ではなかった組み合わせだわ。


GWもちょこちょこ外出したり、姉家族がやってきてたり、あまりパン焼きが出来ていません。
最近のパン焼きは、趣味ではなく、生活のためになって来ています。

パンがあるから食べるのではなく、主食をパンにしたい時にパンを焼く。
そんな生活の1部に出来ればいいな、というのが、パンを焼き始めた目的だったようにも思えます。
これからまたパンも高くなりそうだしね。

自分のおもちゃを維持するための家計のやりくり^^^^;

パンを焼かずにはまっていること
posted by Ringo at 19:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

ロールパン

20110301.jpg

最近のお気に入りキタノカオリでロールパンを焼きました。
配合は、以前焼いたコストコのテーブルパンをちょっと改良。

卵が勿体なくてドリール塗ったけど、これはない方が絶対いいわー。
結構薄めるたけれど、なんだか卵臭い感じがコストコのパンから遠ざけてしまった感じです。
ま、見た目別物だからいいんですけども、結局自分が好きじゃないんですよね、照り付きパンw

でも、それを除けば、結構近い味にはなったように思います。
粉を何とかすれば、更に近づくかもしれません。
今の粉が無くなったら、また冒険しちゃおうかしら〜。
配合メモ
タグ:食事パン
posted by Ringo at 16:31 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

玄米入りテーブルパン

玄米入りテーブルパン

徳永久美子さんの本に載っているブレッツェンには、炊いてある玄米が入ってます。
小麦粉だけのブレッツェンとはちょっと違う風味と、食感が美味しいんですよね。

でも、我が家で玄米100%を炊くことはないので、パンに入れるためだけに玄米を炊くのはチョット、と思っていたら、そのまま生地に混ぜる事が出来る製パン用玄米というものがあるのを知って、粉を頼むついでに一緒に購入しました。

甘みの少ないテーブルパンに練り込んで、ふんわりとしたパンの中で、練り込まれた玄米がたまに口の中にプチッとした食感になることを想像していたのだけれど、プチっじゃなくってガリって感じに…^^

能書き通り30分は水に浸したんだけどな。

徳永久美子さんの本通りに、炊いた玄米を一緒に入れて焼いたブレッツェンは、玄米が入ってるんだか入ってないんだか分からないほどパンに馴染んで、それでもたまーに口の中で玄米がプチって弾ける感じがしたのに、これじゃ煎餅が入ってるみたいだ。
少しお湯で柔らかくしてから入れた方が想像していた食感になるかもしれません。

パン自体の味は、いつものおうちパンの味。
ハルユタカが手に入らないので、それに変わる粉を色々試してみている最中だけど、キタノカオリが最近のお気に入り。
特に、テーブルパン最高。
粉の味が甘〜いの。
この粉でハルユタカ食パンならずキタノカオリ食パンを焼いたらおいしそー。
でも、食パンにするほど残ってないのよね。

来月の粉を注文する時には、また一緒に買おうと思ってます。


なんて余裕ぶっこいてると、在庫なくなるのよねー。
でもそうなったら、また自分好みの粉探しにブレッツェンを焼きまくればいいのよーw
最近、在庫切れの文字に慣れちゃった^^;
商品リンクを開く
タグ:食事パン
posted by Ringo at 15:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

黒糖ロール

黒糖ロール

新年おめでとうございます。

毎年元日に母の所へ挨拶に行くのにパンを焼いて持って行くのですが、今年は黒糖ロールにしました。

パンに使う砂糖は何を使ってもさほど代わり映えがしないので、どれを入れても大丈夫。
故に黒糖の風味を出したいのに、普通に入れたんではうっすら色づく程度になってしまいます。

お店で売られているパンは、いかにも黒糖!って色と味がするんですよね。
あそこまでの色を出すのは、通常の材料だけでは難しいですね。

昨年、黒糖の風味を出すために、黒糖のパンを何度か焼きました。

食パンにしたら、絶対テーブルパンの方が良かったよ!ってほど甘くなったり、テーブルロールにしたら、食パンの方が良かったんじゃね?ってくらい風味がなかったり…。
その時の配合を色々合わせて、噛むほどに黒糖の味が増す物が焼けました。

でも、この味はやっぱり食パンにしたほうが美味しい、と思ったのだけれど、どんな出来でも食べてくれる肉親なので、かまわず持ってきましたわ。

家用にするなら、絶対食パン…そしてサンドイッチにして食べたい!w


実は、人にあげる時はよくやるくせに、ロールパンの形、食感が好みじゃないの^^^^;
配合と作業工程
タグ:食事パン
posted by Ringo at 17:01 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

コストコのテーブルパンを求めて

コストコ風テーブルパン

コストコにまるでゴミのような袋で売られているパンがありますが、成形もリュスティックのように切りっぱなしのくせに名称はロールパンと言ういい加減さの割に味は悪くないパン。
自分で焼くテーブルパンとは相当味が違う分、見ると買いたくなってしまうのです。

だって、36個で525円とか。
強力粉代+ちょっとなお値段も魅力だったりするんですよね。

ついこの間、コストコに行く機会がありまして、やっぱり買って来ちゃったのだけれど、同じような味のもんが焼けないかと思ったら吉日、まだ本物のコストコパンがあるのに焼いてみました。

見るからに違います。
焼き色が、こんなにコンガリじゃぁなくって、ブレッツェンのような焼き色でなくてはいけません。
卵の量が多かったか、焼成温度が高かったみたいです。

肝心の味ですが、甘さが微妙に違います。
砂糖ではなく、ミルクの甘さ。
そして食感は、もうちょっと固い。


あら、全然ダメじゃない^^;


そうそう、これは、その昔、毎日毎日微妙に配合を変えて焼いていたベトナム航空機内食のパン!…っぽいw
けど、それももっと甘かった記憶…。

という訳で、1つ分かった事があります。
今までハルユタカ食パンを除いて、パンを焼く時の砂糖は上白糖かきび砂糖を使っていたのだけれど、砂糖=グラニュー糖な国が殆どなんですよね、きっと。
20年以上東南アジア生活していた姉が言うには、ローカルスーパーには白い砂糖と言えばグラニュー糖しか売ってないと。
と言うことは、ベトナム航空機内食パンも、グラニュー糖で焼けば、もーっっと近い味になるはず!

試しにコストコのパンみたいなの焼いてみよ〜なんて思ったがために、また4年前のように殆ど味も忘れかけているベトナム航空機内食パンを焼き始めそうです^^;


でも、その前に、お約束のシュトーレン、あちこちにバラまかないとねw

タグ:食事パン
posted by Ringo at 00:29 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

久しぶりのブレッツェン

ブレッツェン

お久しぶりです。
甥っ子の居候生活が終わり、姉の本帰国引っ越しも落ち着いて、少しづつPCライフが戻りつつあります。

今日は家で食べるためにブレッツェンを焼きました。
2週間ほど前に出来た梨酵母エキスで水種を作り、少量のドライイーストを混ぜて本捏ねしたので、涼しくなって来た今日でも、1時間半で発酵が終わり、3時間弱で焼き上がってます。

久しぶりのハルユタカ100%ブレッツェン。
お家パンではやっぱりコレが一番好きかも。

続きを読む
タグ:食事パン
posted by Ringo at 16:42 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

初焼き

2010年初焼き

「初焼きは、やっぱりハルユタカ食パンにしよ〜!」
と、前日に中種を仕込んだのだけれど、翌日食パンを捏ねる気分じゃなくなって、どうしようかと考えたあげく、捏ねずにコッペパンのような形で焼いてみることに‥。

油脂は入れてませんが、配合はハルユタカ食パンそのまま。
そして捏ねずに焼くハードパンの要領で、ボウルの中で6回折りたたむだけの作業をしたあと、3分割にして成形。

焼成の段階になったら、ふとナイフでクープを入れてみたくなって、バタールのように3本入れてみました。
普通のナイフなので、縦に上から下へ入れてみたのだけれど、私にはムリっ!w
微妙に直角になってしまいます。


まぁ、出来上がりの見た目はバタールっぽいですが、触るとふわふわなパンです^^;
でも、コレ結構好みだったり。

そのまま普通に袋で保存して4日経っても固くなりすぎずに、ちょこっと温めただけで美味しく食べられました。


春までに1度教室でバタールを焼くはずなので、その時に先生のナイフの使い方をよーく見ておこう。


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ

posted by Ringo at 18:50 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

白パン

白パン

先日友達がお土産を持って来た時に、持って帰ってもらうためにパン教室で焼いた白パンのおさらいをしました。

薄力粉が多いせいか、シンプルな配合の割に焼きたてはホワホワの白パン。

成形もブレッツェンと一緒で、菜箸でぐりぐりするだけなので、気軽に焼けるパンです。

お正月に母の所へ行く時は、パンとお菓子を焼いて持って行くのですが、来年は白パンにしようかなーと、思ってます。
正月からパン?って感じですが‥^^;

多めに作って、我が家の朝食はパンとコーヒーのモーニングで母の所へ出かけるのもアリかな‥とか^^^^^;


二人家族なんで、お節なんていらないし、せいぜいお雑煮食べるくらいなので、そんなものは、2日でもいいんじゃーないかなーとか。
どうせ母の所でもお雑煮出るし。

子供の頃はお正月と言えば、親戚一同を迎える立場の家だったのが、今はただ出向くだけの立場なので、自分の家では正月らしきことは、本当しなくなってしまいました。


趣味を生かして、いっそ正月飾りのパンでも焼けばいいのかしら‥。
丸く白パン焼いて重ねれば、鏡餅ですね^^^^^^^^^^^;


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ


いつもありがとうございます♪

タグ:食事パン
posted by Ringo at 21:11 | 東京 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

リンゴ酵母のテーブルロール

リンゴ酵母のテーブルロール

リンゴからおこした酵母エキスと全粒粉を使って元種を作り、そこへ全粒粉と水を3回かけ継いで出来た種を使って、久しぶりに100%自家製酵母のパンを焼きました。

スキムミルクと卵が入ってふんわりほんのり甘いテーブルロールが焼けました。

いつもは、食感が好きじゃないという理由で、照り卵は塗らない私ですが、毎回同じ見てくれもどうかと思ったので、特別に照りもつけました。

ホントは卵がLサイズでちょっとばかし余ったからなんだけど…^^;


元種20%使用で第一発酵2時間半。

我が家はなんだか冬でも暖房なしで暖かいので、おそらく他の家庭よりも発酵が早いと思います。

それでも、室内温度21℃でしたが、第一発酵に湯たんぽを使いました。
ほんわか暖かい湯たんぽのそばに置いて膝掛けをかけておくと、結構いい感じ。
温度変化に強くない自家製酵母は、これくらいの暖かさが一番元気に活動しているように思います。

バターも多めに入っている配合ですが、更にカルピスバターをたっぷり塗って食べるのが宅の主人です^^

でもやっぱり、高いからだけでなく、カルピスバターって美味しいの。


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ



タグ:食事パン
posted by Ringo at 19:22 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

パン作りの原点

ベトナムロール

明日明日と先延ばしにしている間に夏が終わり、常温で発酵させるのにちょっと涼しいくらいになってしまいました。
パン教室は2回行き、明日がまたパン教室。
ということは、3ヶ月も放置してしまったと言うことですね^^;

今日は明日パン教室へ持って行くパンを焼きました。
同じテーブルのお仲間にあげるパンです。
教室でもパンを焼いて持って帰るというのにパンを焼いてって荷物を増やしてやろう、という魂胆。
ではなく、「いつもどういうパンを焼いてるの?」と聞かれて、色々話してたら「食べてみたい」と言われたのです。

ベトナムへ行ったときに機内食で出たテーブルロール。
そのパンが美味しくて、帰ってきてから毎日のように同じ味を目指して焼いていたパン。
私が焼くパンと言ったらコレなんだろうな。
そう思って、結構久しぶりにレシピを引っ張り出しました。

コレがベトナム航空の機内食で出た味と似てるかどうかなんて覚えちゃいませんが、ちょっと懐かしい味でした。

ホンノリ甘いそしてホンノリ香るミルクの味。

1つしか味見分が無かったので、また焼いて翌日の味も確かめてみよう。


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)←その前に更新しろyp!w
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ

タグ:食事パン
posted by Ringo at 23:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

バターロール

バターロール

セサミブレッドと一緒に友達の所へ持って行ったバターロールです。
バターロールや総菜パンを焼く時は、いつもe-パン工房さんの“テーブルロール”のレシピで焼いてます。

この時は思いっきりバターの風味がするバターロールにしたくって、バターを25%とか入れてます。
カルピスバターを使っているので、あまりバター臭くは焼き上がらなかったのだけれど、友達の旦那さんは喜んでたいらげてくれたそうです^^

卵で照りをつけたパンを噛んだ時の食感が好きじゃないので、普段は照りをつけないで焼くのだけれど、せっかくバターたっぷりなのだから、見た目も普通にバターロールっぽく照りもつけました。
と言っても卵ではなく牛乳です。

照りだけのために卵を使わなくてもいいし、見た目もツルンとして食感も卵で照りをつけた物みたく一皮だけパリっとした妙な食感じゃなく中と馴染んでくれるので、私はこっちのほうが好きです。
焼き色も濃くなりすぎないでいいですね。

バターロールの成形、毎回同じような巻き具合になってしまうのは、もう手の癖なんでしょうか…。
一度くらい、上から見てもぐるぐる巻かれているパンを焼いてみたいものです。

にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
タグ:食事パン
posted by Ringo at 13:41 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

セサミブレッド

セサミブレッド

黒ごまとチーズはとっても相性がよくて、我が家の黒ごまは、このパンのために常備されていました。
しばらくご無沙汰していた黒ごまチーズのセサミブレッド、少し前に友達の家へ行ったときに少しでも栄養価の高いパンを、と思って焼いたパン。

ブレッツェンの配合に黒ごまを10%一緒に捏ねたパン生地に、プロセスチーズを入れて焼いてます。

いつもは丸く成形して上を十字に切るのだけれど、パン教室で焼いた時は、こんな感じに成形したっけなぁーと思い出して草履のような形に3本クープを入れました。

後からテキストを見たら、クープは5本だったワナw
どうりて見栄えが不自然だった訳。
そして配合もテキストの方が砂糖が若干多めでした。
ま、甘い必用もないので、これで十分です。

ただ、やっぱり丸く焼いた方がいいかなぁ。
この形だと切り分けて食べる事になります。
温めた方が断然美味しいので、となると中のチーズも溶けるし切るとチーズが出てしまって勿体ない。
この形で焼くんだったら、真ん中にチーズを入れて包むよりも、ロール上にチーズを巻き込んで行った方がいいような気がしました。


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
タグ:食事パン
posted by Ringo at 15:19 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

見た目だけフォカッチャ

フォカッチャ

ベビーリーフとソーセージのサンドイッチが食べたくて焼いたフォカッチャです。
バジルを一緒に混ぜるとまた美味しいのだけれど、至ってシンプルに。

ただ…粉をマレーシアで買って来た包用の粉にしたもんだから、なんだかイタリアンなパンじゃなくてアジアンなパンになっちゃったw
なのでベビーリーフとソーセージが合わない!
しょうがないので油で揚げておやつにします。

粉はパンの命だということを実感。

砂糖と塩、油脂さえ違えば味はそれなりのパンが焼けるのかと思ったけれど、あのマレーシアの粉は粉そのものが東南アジアの味らしいです。
ココナッツパンに使ってみようかとも思ったけれど、やめておいたほうがよさげですね^^


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ
タグ:食事パン
posted by Ringo at 19:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

玄米入りブレッツェン

玄米入りブレッツェン

シンプルで何を合わせても美味しいブレッツェン。
今回は玄米を混ぜて焼きました。
と言うのは、パンとお菓子の本に載っているブレッツェンが玄米入りだったので、ちょうど前日玄米だけで炊いたので、それを混ぜました。

玄米は冷やご飯を使うので、捏ねる時結構ベタつきます。
水分はそれほど多くはなかったのだけれど、まとまってからも少しペタっとした感触が残ってました。

酵母はローズヒップティの自家製酵母とドライイースト。
粉はスーパーマナスルにしたのだけれど…やっぱりハルユタカで焼けば良かったなぁっていうのが正直な感想。

スーパーマナスルって最強力粉なんですよね。
半端に残っちゃっているので、なるべく使ってしまいたい、というのもあるんだけれど、自家製酵母に玄米入り、と想像した時、ハルユタカを使うとモッチリしすぎちゃうんじゃないかなぁ、と思ったんです。
噛んだ時、ふんわりの中に玄米がプチって言うような食感の方がいいんじゃないかと…。

それが、炊いてある玄米なので、プチっていう食感にはならず、パン生地に馴染んでしまった感じw
なので、玄米の風味が口の中いっぱいに広がるんです。
スーパーマナスルも粉の風味がいいのだけれど、玄米にはマケタね。
ひょっとしたら、粉に癖がないリスドォルあたりであまり捏ねずに焼いた方がいいのかも…。

でも、おかげでビックリするほどフカフカなブレッツェンになりました。

本とは配合が少し違うので載せておきます。

配合と作業工程
タグ:食事パン
posted by Ringo at 15:55 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

プチパンとシュガーレーズン

プチパンとシュガーレーズン


4月後半に焼いたプチパンとシュガーレーズンです。
パンとお菓子の本に載っていた配合。
いつも焼くブレッツェンよりも塩が少し多めで油脂は入りません。

粉はハルユタカ100%。
じっくり寝かせて焼くのでむっちり感が際だってました。
しょっぱめの生地と、甘いレーズンにバターが乗った生地。
この2つは同じ生地から焼いたのに全く違う味。

とことん甘い生地にレーズンもいいけれど、リーンな配合でレーズンの甘さが引き立つパンは、自分で焼くようになってから好きになったパンです。


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ

タグ:食事パン
posted by Ringo at 14:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

マレーシアの揚げパン

揚げパン

マレーシアで蛍を見に行ったときに食べた揚げパンが意外と美味しかったので、日本へ帰ったら試しに作ってみたくなり、向こうの伊勢丹で見つけた包子用の粉を買って帰ってきました。
明日友達の所へ行くので、それらしくできたら少し持って行ってみようと作ってみたら、まさにあの味!

捏ねてる時から今まで触ったことのない感触。
肉まんは教室で習ってから家でも作ったことあるけれど、その時の粉の感触とは全く別物。
強力粉と薄力粉の割合の問題だけじゃなさそうです。

これ揚げなかったら、昔香港で食べた叉焼包の皮そのものな予感。
コンビニなんかで売られる肉まんの皮はふわっとしてて蒸しパンの仲間って感じで、中華街で売られている物は少しむちっとしてて点心って感じ。
そのどちらにも入らない独特な食感は…
何が違うのかサッパリです^^;

続きを読む
タグ:食事パン
posted by Ringo at 00:12 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

バンズ再び

バンズ

先週友達の家でハンバーガーを食べるために焼いたバンズ。
バンズ用の型で焼くのは2度目です。
前と比べると形だけはバンズらしくなりました。

今回のレシピは、e-パン工房さんのテーブルロール
このレシピは割と好きでよく焼きます。

ハンバーガーにすると高級ハンバーガーのようになって美味しいのだけれど、型が大きいせいで全部食べきらないうちにかなりお腹いっぱいになってしまうのです。
ハンバーガー用のパンは、もっとスカスカなパンの方がいいのかなぁ。

また次回があると思うので、次は卵なしで焼いてみよう。


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ

タグ:食事パン
posted by Ringo at 14:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

田舎風ナッツパン

田舎風くるみパン

パンとお菓子の本から、田舎風くるみパンの作り方でくるみがちょっと足りなかったので余っていたアーモンドやヘーゼルナッツも一緒に混ぜて焼きました。
昨日の夜に捏ねて朝まで冷蔵庫で寝かされていた生地で焼きました。

10%ほどライ麦が配合され砂糖の代わりに蜂蜜を入れ油脂は入らない本当に素朴な味わいです。
甘い生地ではないのに、くるみやアーモンドの持つ味がかむほどに広がって、とっても美味しい。
ナッツ好きにはたまりません。

朝起きて冷蔵庫から出してから焼き上がるまで2時間ほど。
その間の作業は分割することと、丸め直して成形するこど、オーブンに入れること。
余分な洗い物も出ないし、お昼に焼きたてのパンを食べたい時にいいかも。

中身ヘーゼルナッツは丸ごと、くるみは手で適当にくずして、アーモンドはスライスだったので細かくつぶして入れてます。
160℃で10分ローストしたナッツは、結構こんがり香ばしい。
そこがまたアクセントとして美味しい。
翌日は軽く温めて、バターにメープルシロップをかけて食べたいなぁ。


タグ:食事パン
posted by Ringo at 20:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

プチパン

プチパン

ブレッツェンの配合で1つ35グラムのプチパンをたくさん焼きました。
友達の家で午後から新年会の集まりがあったので、その時の食事用のパンです。
ハルユタカ100%を250gと、ハルユタカ2を250gで粉の食べ比べ。
奥の粉がふってない方がハルユタカ2。
同じ仕込み水で同じ焼き加減で焼いてみたので若干ハルユタカ2の方が表面にしわが…。
ハルユタカ2の方が粉に含まれる水分量が多い気がします。

ハルユタカ2で焼いた方の形がいびつなのは、粉への愛情の差…w

友達も、一緒に食べ比べるとハルユタカ100%の方が美味しいと言ってました。
ただ、一緒に食べてみないとこの差はわからないくらいの微妙な差。
タグ:食事パン
posted by Ringo at 10:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

ハンバーガーが食べたくて

バンズ

初めて10.5センチ ハンバーガー用パン型をパンに使ってみたのだけれど、ただの丸いパンに焼けちゃった〜♪

最終発酵する時にきちんと型の大きさまで伸ばさなかったのがいけないみたい。
食パンのように半分くらいでも型いっぱいに発酵してくれるだろう、って思ったのにナ。
高さばっかりでかくなったよw
ちょっと生地が硬かったせいもあるかな。
HP見たら、ゆるゆる生地で作ってるから、今度はもっと水分多くしてみよう。

5つ分の粉の量でバンズは4つ。
余った生地はロールパンにしてみた。

ミニミニロール

ちっこいのが並んでるとでんでん虫みたいだ。

配合はまだ試作段階。
サンドしちゃうとパンの味はよく分からなくなるけど、もう少し甘くしてもいい気がする。
posted by Ringo at 23:28 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。