Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2011年01月05日

黒糖ロール

黒糖ロール

新年おめでとうございます。

毎年元日に母の所へ挨拶に行くのにパンを焼いて持って行くのですが、今年は黒糖ロールにしました。

パンに使う砂糖は何を使ってもさほど代わり映えがしないので、どれを入れても大丈夫。
故に黒糖の風味を出したいのに、普通に入れたんではうっすら色づく程度になってしまいます。

お店で売られているパンは、いかにも黒糖!って色と味がするんですよね。
あそこまでの色を出すのは、通常の材料だけでは難しいですね。

昨年、黒糖の風味を出すために、黒糖のパンを何度か焼きました。

食パンにしたら、絶対テーブルパンの方が良かったよ!ってほど甘くなったり、テーブルロールにしたら、食パンの方が良かったんじゃね?ってくらい風味がなかったり…。
その時の配合を色々合わせて、噛むほどに黒糖の味が増す物が焼けました。

でも、この味はやっぱり食パンにしたほうが美味しい、と思ったのだけれど、どんな出来でも食べてくれる肉親なので、かまわず持ってきましたわ。

家用にするなら、絶対食パン…そしてサンドイッチにして食べたい!w


実は、人にあげる時はよくやるくせに、ロールパンの形、食感が好みじゃないの^^^^;
【配合】

強力粉…100%
セミドライイーストまたはドライイースト…0.5%
生イースト…0.8%
塩…2%
粉末黒糖…10%
スキムミルク…3%
ショートニング…3%
黒糖シロップ…10%
水…65%


第一発酵:30℃/50分 パンチ後更に45分
ベンチタイム:30分
ホイロ:35℃:40分
焼成:220℃で余熱 200℃/15分

※黒糖シロップは、純黒糖のブロックを煮詰めた物です。
200gの粉で作る場合は、その10% 20gの黒糖を20gの水分で溶かし半量(20g)まで煮詰めます。

※粉末黒糖と黒糖シロップを合わせて20%の糖分が入るので、セミドライイーストにはsafセミドライイースト(耐糖性)を使用しています。

※生イーストが無い場合は、セミドライイーストを0.2%〜0.3%増やしてください。


最近よく耳にする低体温症。
どうやらパン食になってきている事も原因の1つらしいですね。
小麦粉は体を冷やすって、前に教えてもらった事があります。
だからパンは太るんだってーw

ま、そんな事には負けずに、今年もパンは焼きますが、一方で体を温める副菜をちゃんと考慮した食卓を心がけていこうと思っています。
だってもうチョットくらい太ったって大丈夫!って言えるような年齢じゃないのよ。



今年も宜しくお願いいたします。
タグ:食事パン
posted by Ringo at 17:01 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします<(_ _)>

黒糖のロールパンは未体験です^^
黒糖の食パンでサンドイッチというのは
好きですよぉ〜♪
生ハムや、ローストビーフで食べたら美味しそうです!

>体を温める副菜
つい先日出席した講習会で
リンゴが良いという話を聞きました。
思わず、Ringoさんを思い浮かべちゃいましたよ^^
Posted by サプリメント管理士 at 2011年01月06日 00:11
サプリメントさん

こちらこそ、今年も宜しくお願いします。

黒糖ロール、中にマーガリンが入ってたりするものが売られていますよー。
それは見た目からして黒糖なんです。
卵塗ればもっと色合いは濃くなるはずですが、これまた食感が好きじゃなくて^^

りんご、これからむくのが面倒とか言わずにパンの時は食べるようにします!
Posted by Ringo at 2011年01月06日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178791173
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。