Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2010年01月26日

パン・ド・カンパーニュ

パン・ド・カンパーニュ

先日のサンドイッチは、徳永久美子さんの本に載っていた方法で焼きました。

リンゴジュースを使うので、焼く前にふわっとリンゴの香りがします。
15分くらいやさしく捏ねると書いてあったので、15分生地と戯れました^^;

この「やさしく捏ねる」と言うのは、意外と難しいものですね。
ゆっくりやればいいってもんでもないだろうし。
結局、広げて三つ折り、広げて三つ折り、という事を繰り返したのですが、本ではリスドォル100%だったのを、全粒粉とライ麦を入れたせいか、生地の感じは、本と違ってツヤがあまり出ませんでした。

でも、シットリパリパリなカンパーニュが焼けました。
ちょっとしたアクセントになる100%果汁、色々試してみると面白いかも。


にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ


タグ:ハードパン
posted by Ringo at 21:31 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ハードパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆お邪魔します〜♪^^

りんごジュースを使って捏ねるんですね!
おもしろい〜興味深いです!!^^
パリパリなクラストの感じもたまりません…☆

捏ね方によって、
ツヤや手触りはもちろん、仕上がりも違いますが、
なかなか「これ!」という感覚が馴染まなくていつも悩みます。
でも、何だかんだで美味しく焼けた瞬間が一番嬉しいですね。^^;
Posted by MASA-e at 2010年01月26日 22:54
>MASA-eさん

ポーリッシュ法で、前日にリンゴジュースで種を作っておくんですよ〜。
焼けた翌日にはスッカリそんな香りは無くなってしまうんですが、焼くまでの間たまーにリンゴジュースの香りがするんです。

パンは、焼いてる間の匂いがたまりませんねぇw
そして焼きたてを手で割って食べる瞬間が幸せ〜。
焼き上がって30分くらいが一番美味しいなんて嘘よぉ〜、手で割れる熱さになったら食べる!これが焼いた人の特権だわ〜。

なんて言いながら焼きたては取りあえず食べちゃいますw
Posted by Ringo at 2010年01月27日 15:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139440838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。