Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2009年12月08日

シュトーレンの準備

シュトーレンのレシピは、その家庭によって様々なようですね。
私の焼くシュトーレンは、初めてパン教室で習ったベターホームのシュトーレンフィリップビコのパンに載っているシュトーレン、徳永久美子さんのシュトーレンを、自分なりにミックスした感じで焼いています。

シュトーレンを焼く時は、まずフルーツ浸けの準備から。

私が入れているのは、レーズン、オレンジピール、ドレンチェリー、この3種類を、ダークラム、ブランデー、グランマルニエを合わせた物で漬け込みます。

焼く時の粉の量に対して、レーズン50%、オレンジピール20%、ドレンチェリー15%くらい。
レーズンは一度熱湯をかけて水気を切り、オレンジピール、ドレンチェリーは細かい角切りにして全て同じ容器に入れ、ダークラム3、ブランデー1、グランマルニエ1の割合で加えて軽く混ぜて蓋を閉めておきます。

(レーズン100gに対して、ダークラム大さじ1と半分、ブランデー大さじ半分、グランマルニエ大さじ半分がベターホームで習った時のミックスドライフルーツ浸けですが、割と適当に注いでしまっています^^;)

たまに軽く振ってあげて、できれば1週間じっくり味を染みこませた方が美味しく仕上がります。

ヨーグルトとかにかけて食べても美味しいので、焼く量よりも多めに漬け込む事をおすすめします。
私は毎日のようにチョットづつ味見しますw


フルーツだけのシュトーレンも多いですが、私は焼く時にクルミとアーモンドスライスも一緒に混ぜます。
クルミは粉に対して20%、アーモンドスライスは15%。

焼く当日に適当に砕いたクルミと、アーモンドスライスを一緒に160℃のオーブンで7分焼いて冷ましてから、分量のフルーツ浸けと混ぜ合わせます。


ミックスドライフルーツ

上の写真がフルーツとナッツが合わさった所です。

ドレンチェリー、丸ごと食べるのはチョット…なんだけれど、この赤がクリスマスっぽくさせるんですよね。
緑を使ってみたらキレイかなぁ〜と思いつつ、やっぱり赤にしました。



[強力粉200g(シュトーレン200g〜230g×3個)用]

レーズン…100g
オレンジピール…40g
ドレンチェリー…30g

ダークラム…大さじ1と1/2
ブランデー…大さじ1/2
グランマルニエ…大さじ1/2

クルミ…40g
スライスアーモンド…30g



この分量はベターホームで教えてもらった分量です。
オレンジピールが入るのでダークラムだけよりも、グランマルニエやコアントローが入った方が、オレンジピールが引き立ってくれるようです。
フルーツは好きな物を彩りよく合わせると、切った時にカラフルで楽しいですね。

イチジクやパイナップル、クランベリーもアクセントになっていいかもしれません。

シュトーレン準備、今からでもまだクリスマス前に間に合います♪



にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ



応援ありがとうございます♪
posted by Ringo at 21:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135068830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。