Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2009年05月08日

ハルユタカ食パン

20090430.jpg


食パンの技術に掲載されているハルユタカ食パンは結構お気に入りで美味しい食パンが食べたいなぁと思った時に焼きます。
どちらかと言うとハード系の食パンで、トーストしてもサンドイッチでも合う。
でも、焼きたてをむしって食べるが一番美味しいw

写真は4月に焼いた物ですが、この時はちょっとばかし最終発酵をオーバー。
ハルユタカっぽくない釜伸びの仕方をした訳ではありません^^
でも、軽くてふわふわに焼き上がって、翌々日まで柔らかいまんまでした。

また、たっぷり時間のある時に、同じように焼いてみたいなぁ。
そのためには、何かでエキスを作らねば!w

ハルユタカ食パンは、本捏ねでクレム・ドゥ・ルヴァンが使われているのですが、その辺で売っている物ではないので、代わりに自分で酵母エキスをとってます。
なので、本に載っている配合とは、ちょっとばかし違います。

ローズヒップティ酵母今回使用したのはローズヒップティ。
写真は5日目です。
エキスの時は真っ赤だったので、あわよくばピンク色のパンにはならないかと思ったけれど、期待はアッサリ裏切られ、薄いグレーで普通に自家製酵母色でした。
これをギューーーっと絞り出した液を本捏ねではなく、液種の中に入れて15時間発酵させて使いました。

ポーリッシュ法なので、じっくりハルユタカのうまみが引き出され、砂糖よりも塩の方が多い配合で焼くので、印象はしょっぱいパンなのです。

この間我が家で食事会っぽい事をした時に、同じやり方で焼いた食パンをお持ち帰り用にしたのだけれど、あの時よりも、たぶん、この発酵しすぎちゃったかもー!な方が美味しく焼けてる気がします。

味見はしていないけれど、持った感じが普通の食パンだったので…。
自分の家で食べた方は、めちゃ軽かったのよね。
どっちも焼き上がりは元気いっぱいに鳴いたんだけどね。

パン屋さんの配合で焼こうと思うと、こんな風に一手間かかってしまいますが、その手間以上の美味しさが焼き上がった翌日に返ってきます。

「高いから美味しい」とか「時間をかけて作るから美味しい」という乏しい心は好きじゃありませんが、この食パンだけは、粉も時間も譲れない何かがありますw



にほんブログ村のランキングに参加しています。良かったら応援してください(〃∇〃)
にほんブログ村 料理ブログ 手ごねパンへ

タグ:型焼きパン
posted by Ringo at 16:15 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 型焼きパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。