Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2009年01月27日

ベターホームで焼いたパン

シュトーレン人生初のパン教室で焼いたパンは、パン作りにはまったきっかけを作ったパン、ブレッツェンとシュトーレン。
本を見ながらやっていた事がアホらしくもなるほど、この日から家でパンを焼く事が簡単になったっけ。


フルーツスティックドライフルーツスティックとオニオンチーズ。
ドライフルーツスティックは天然酵母。
玉ねぎの入ったパンは玉ねぎ臭くなるのであまり好きじゃないのだけれど、焼きたてなら美味しく食べられる事を知った。


リンゴパン中力粉の田舎パンと、天然酵母の生地で作った、あんぱんとりんごぱん。
焼き上がりのりんごぱんはお土産にしたら見た目だけで喜んでもらえそうな出来映え。
先生はテーブルセッティングがとっても上手で、りんごぱんの為にわざわざ自宅から箱を持って来るなど、教えてもらうこちら側だけでなく先生も授業を楽しみにしているようで素敵。


中華まん胚芽ブレッドと中華まんじゅう。
パン教室なのに中華まんじゅう!とか思うけれど、中華まんもイーストを使って発酵させてから蒸し上げるので蒸しパンというカテゴリーにでも入るのでしょうか。
ずいぶん昔に、肉まんは自宅で作った事があって、その時の生地は小龍包に近かったけれど、教室で作った肉まんの生地はとってもふっくらで売ってるものと代わりなくて美味しかったぁ。
中華まんの生地、中国では北と南では強力粉と薄力粉の割合が違うらしい。


シナモンロール仕込み水に牛乳を使って捏ねるパン・オ・レにレーズンとシナモンシュガーを包みこんで焼くシナモンロール。
シナモンロールも教室で焼く前に家で焼いた事がある。
薄力粉が半分はいる生地だから、ちょっとサックリとしてパン屋さんで買ったみたい。
このパンは冷めてからの方が美味しい。


かぼちゃパン生地に茹でたかぼちゃを混ぜ込み、かぼちゃあんも手作りのかぼちゃパンとフライパンで焼くナン。
シナモンが入ってるかぼちゃあんは絶品。


ピザ1つの生地から作ったピザとフォカッチャ。
それにバターロール。
ピザはトマト味とバジル味の2枚。
このバジルソースが美味しくて、一時期はまった。
生地もパリパリで美味しい。
バターロールの方は、それまで本を見たりネットで調べたりしたけれど、形が今ひとつだったのが、実際の手の動きを見せてもらったら、とっても可愛く焼けるように!


調理パン基本のテーブルパンで調理パン2種。
1つはツナポテト、もう1つがハムと卵。
テーブルパンはそのまま丸めるだけで、調理パンも難しい成形は無し。
この基本のテーブルパンさえ焼ければ、何でも出来そう。


ベーグル
メロンエッセンスの入ったビスケットで包んで焼いたメロンパンともっちり食感のベーグル。
焼き上がったベーグルはクリームチーズとブルベリージャムをはさんで食べた。
自分でベーグルを焼いた時はかろうじて穴があいてる感じだったけれど、ちょっとした事でしっかりと焼けるもんだと教えられた。


クロワッサン天然酵母のクロワッサンとセサミブレッド。
よーく冷やされた部屋でバターの折り込み作業をちゃんと教わってきた。
焼きたてクロワッサンとチーズが入ったセサミブレッドにカフェオーレ。
一緒に作業してきた同じテーブルの人たちとじっくり味わいながら色々話して楽しい最後を過ごした。


あと2回分あったはずだけれど、PCの不調などでどこかへ消えてしまったみたい。
posted by Ringo at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | プロのパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113257975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。