Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2011年01月27日

見た目だけはチョコレートパン

チョコレートパン

先週友達の所へPS3を取りに行ったときに焼いて行ったチョコレートパンです。

その前の土曜日、実家へPS3を取りに行ってもらう時、渡したい物があったので寄ってもらいました。
その時に、シュトーレンと一緒にチョコレート食パンの試食用を頂いちゃいました。
何でも、cuocaしっとりチョコ食パンミックス250gを食べてみたら美味しかったらしく、自分でココアを入れて焼いてみたんだけど、なんか違う、と。
焼いた時の配合もメモって持って来まして、どうしたらチョコレート味になるかアドバイスが欲しいと言われました。

その配合をあまり変えずに、チョコレートをプラスして焼いてみたのが上の写真。

写真にあるように、入れたチョコレートはガーナ。
製菓用のチョコレートがなくて、どこでも売ってる板チョコでいいやー、と混ぜてみたんですが、あんまし効果はなかったみたい。

パン自体に混ぜ込んだ物の味を出すって、割と難しい。
見た目はチョコレートなんだけれど、微妙にココアの味、って感じ。
そして甘くない。
ここが一番ダメな所だったかも。

それでも、砂糖自体は10%以上、それにチョコレートが20%も入ってる。
200gの粉で焼いたから、砂糖20gにチョコレート40g。
1本あたり1357kcalほどあります。
8等分すると169kcal。

1切れ以上食べると危険なパン^^;
タグ:菓子パン
posted by Ringo at 12:31 | 東京 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 菓子パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

玄米入りテーブルパン

玄米入りテーブルパン

徳永久美子さんの本に載っているブレッツェンには、炊いてある玄米が入ってます。
小麦粉だけのブレッツェンとはちょっと違う風味と、食感が美味しいんですよね。

でも、我が家で玄米100%を炊くことはないので、パンに入れるためだけに玄米を炊くのはチョット、と思っていたら、そのまま生地に混ぜる事が出来る製パン用玄米というものがあるのを知って、粉を頼むついでに一緒に購入しました。

甘みの少ないテーブルパンに練り込んで、ふんわりとしたパンの中で、練り込まれた玄米がたまに口の中にプチッとした食感になることを想像していたのだけれど、プチっじゃなくってガリって感じに…^^

能書き通り30分は水に浸したんだけどな。

徳永久美子さんの本通りに、炊いた玄米を一緒に入れて焼いたブレッツェンは、玄米が入ってるんだか入ってないんだか分からないほどパンに馴染んで、それでもたまーに口の中で玄米がプチって弾ける感じがしたのに、これじゃ煎餅が入ってるみたいだ。
少しお湯で柔らかくしてから入れた方が想像していた食感になるかもしれません。

パン自体の味は、いつものおうちパンの味。
ハルユタカが手に入らないので、それに変わる粉を色々試してみている最中だけど、キタノカオリが最近のお気に入り。
特に、テーブルパン最高。
粉の味が甘〜いの。
この粉でハルユタカ食パンならずキタノカオリ食パンを焼いたらおいしそー。
でも、食パンにするほど残ってないのよね。

来月の粉を注文する時には、また一緒に買おうと思ってます。


なんて余裕ぶっこいてると、在庫なくなるのよねー。
でもそうなったら、また自分好みの粉探しにブレッツェンを焼きまくればいいのよーw
最近、在庫切れの文字に慣れちゃった^^;
商品リンクを開く
タグ:食事パン
posted by Ringo at 15:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

シンプルな山パン

山パン

リスドォルを開けてから半月ほど経ってしまっているので、リスドォルで山食を焼きました。
前日に水種を仕込んで、当日はあまり捏ねずに、第一発酵2時間半の間に2度パンチを入れ、ホイロが1時間。

配合もシンプルに、砂糖4%、塩2%、バター4%、それに水分とドライイーストだけ。

リスドォルだけで食パンを焼いた事はなかったのだけど、改めて思ったのは、癖がなくって美味しいのね。

近所にあるパン屋さんの、チェダーチーズが入ったバタールが恋しくなりました。
チェダーチーズを買って自分で焼くより、そこでパンを買った方が安いので、ずっと自分で焼こうとは思ってなかったのだけど、たまたま成城石井でチェダーチーズが安売りしていたので、今度あのパンを焼こう、と思って、買ってはあるけれど、開けるのに勇気がいるのです^^

だって、チーズ入りのバタールって、1本食べられちゃうから体型によくないんだものw
タグ:型焼きパン
posted by Ringo at 15:04 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 型焼きパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

クランペットのブランチ

クランペットでブランチ

イングリッシュマフィンのようなパンケーキのような、マックグリドル風なパンとソーセージ。
メープルシロップがかかったパンに塩けのきいたベーコンに玉子、ウィンナーソーセージ。

イングリッシュマフィンはサンドにしたので、クランペットはそのままナイフとフォークで切りながら頂きました。

紅茶と一緒に気分はイングランド。
でもショウガとか入れて味はインディア。
そして食器はハワイアン。

とまぁ、根っからのニッポンジンですわ、私…w
続きを読む
posted by Ringo at 23:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 休日ごパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

チーズバーグマフィン

チーズバーグマフィン

成人のお祝いに甥っ子1号を連れてお台場へ行った日のブランチです。

イングリッシュマフィンは、ツナマフィンが大好きな甥っ子2号が来るとか言っていた日に焼いたのだけれど、別用が出来て来なかったので、焼きたてを冷凍しておいた物です。
ツナマフィンとして食べる予定だったのだけれど、前々日の夕食にハンバーグをこねこねしてる時、マフィンに挟もう!と思い立って、小さめのも焼いて冷蔵庫に。

当日、ハンバーグはフライパンで温め直すついでにチーズを乗せておいて、その間にマフィンを解凍してからトーストして、ちょろっとレタスをちぎって、ソースをササッと作って組み立てれば出来上がり。

スープは、料理してる最中に余った野菜のハシッコとか芯とかを冷凍してた物を、コンソメとトマトペーストを入れたお水と一緒に20分ほど火にかけただけの楽ちんメニューw

まな板いらずのブランチでした^^
posted by Ringo at 16:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 休日ごパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

黒糖ロール

黒糖ロール

新年おめでとうございます。

毎年元日に母の所へ挨拶に行くのにパンを焼いて持って行くのですが、今年は黒糖ロールにしました。

パンに使う砂糖は何を使ってもさほど代わり映えがしないので、どれを入れても大丈夫。
故に黒糖の風味を出したいのに、普通に入れたんではうっすら色づく程度になってしまいます。

お店で売られているパンは、いかにも黒糖!って色と味がするんですよね。
あそこまでの色を出すのは、通常の材料だけでは難しいですね。

昨年、黒糖の風味を出すために、黒糖のパンを何度か焼きました。

食パンにしたら、絶対テーブルパンの方が良かったよ!ってほど甘くなったり、テーブルロールにしたら、食パンの方が良かったんじゃね?ってくらい風味がなかったり…。
その時の配合を色々合わせて、噛むほどに黒糖の味が増す物が焼けました。

でも、この味はやっぱり食パンにしたほうが美味しい、と思ったのだけれど、どんな出来でも食べてくれる肉親なので、かまわず持ってきましたわ。

家用にするなら、絶対食パン…そしてサンドイッチにして食べたい!w


実は、人にあげる時はよくやるくせに、ロールパンの形、食感が好みじゃないの^^^^;
配合と作業工程
タグ:食事パン
posted by Ringo at 17:01 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 食事パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。